小さな揺れから大地震まで建物を守る 『アドバンス制震システム』

耐震補強技術の川金テクノソリューション
Contents 耐震補強技術の川金テクノソリューション TOP お問い合せ サイトマップ
企業情報
ADVANCED制震システム
システム概要
一般評定取得技術
メリット
適用範囲
商品ラインナップ
解析と実大実験
信頼性
概算設計
サービス体制
施工実績
ダブジョイント
ADブレース(新製品)
メディア公開情報
川金ホールディングスグループ ホームページ

 
熟成のテクノロジー、変位・速度増幅機構
[アドバンス制震装置]の変位・速度増幅機構がダンパーの性能を最大限に引き出し、小さな揺れから大地震までしっかりと建物を守ります。
 
■アドバンス制震装置の概要

[アドバンス制震装置]は2本のブレース部材と1本のダンパー部材で構成され、建物の層間に設置します。対角の接合部にピン接合された2本のブレース部材は、設計で算定された角度をもって中央でピン接合され、建物に水平変位が生じたとき、ダンパーには建物の層間変位の2〜3倍の変位・速度が伝わります。ダンパーは変位や速度に比例してエネルギー吸収量が増えるため、効率よくエネルギーを吸収します。
※本制震システムで採用している変位・速度増幅機構は、古くから機械分野などで利用されている公知の技術ですが、弊社では周辺技術について特許を出願しています。
 
■変位概念図

耐震構造は地震などによって生じる運動エネルギーに対し、建物自身の強度や変形能力で抵抗する構造ですが、能力を超えたエネルギーに対しては建物を部分的に破損させてエネルギーを吸収します。このため、旧基準※に基づいて建設された建物の場合や、新築であっても地震の規模が想定以上の場合には大きな被害が生じたり、家具などが転倒・飛来して人が怪我をするなどの恐れがあります。これに対し、制震構造は建物内に取付けた制震装置によってエネルギーを吸収し、建物の応答を小さくして損傷から建物を守る仕組みです。また、建物の変形だけでなく加速度の増加も抑えることができるので、家具の転倒や飛来を抑制することが可能です。つまり、制震構造は建物にも人にもやさしい安心な構造といえます。
※昭和56年に改正される前の建築基準法  

 
  ©2004-2009 KAWAKIN TECHNO SOLUTION CO.,LTD.