解析と実験を繰り返し行い、更なる性能向上を目指す 『アドバンス制震システム』

耐震補強技術の川金テクノソリューション
Contents 耐震補強技術の川金テクノソリューション TOP お問い合せ サイトマップ
企業情報
ADVANCED制震システム
システム概要
一般評定取得技術
メリット
適用範囲
商品ラインナップ
解析と実大実験
信頼性
概算設計
サービス体制
施工実績
ダブジョイント
ADブレース(新製品)
メディア公開情報
川金ホールディングスグループ ホームページ

 
解析と実大加振実験
 
建物に付加する制震装置の性能向上は私たちの最も大切な仕事です。
制震装置自体の信頼性の向上に、各種解析技術を駆使し、さらに実大実験による強度の検証をおこない、常にフィードバックを繰り返してよりよい製品開発につとめています。
 
→【実験1】1Hzの正弦波による加振(ノーマルタイプ)
→【実験2】1Hzの正弦波による加振(マンサードタイプ)
↓【実験3】TAFT EW地表波によるRC造3階建て建物の2階床応答変位による加振(マンサードタイプ)
 
■TAFT EW地表波によるRC造3階建て建物の2階床応答変位による加振
(マンサードタイプ)最大変位18mm 倍率2.02
→フルサイズ(640×480:1.2MB)はこちらをクリックしてご覧ください。
  動画再生が表示されない場合は、Quick Timeをダウンロードしてください。
ダウンロードはこちらから→
【実験結果】            
   

 
  ©2004-2009 KAWAKIN TECHNO SOLUTION CO.,LTD.