新築から補強まで柔軟に対応できる充実ラインナップ 『アドバンス制震システム』

耐震補強技術の川金テクノソリューション
Contents 耐震補強技術の川金テクノソリューション TOP お問い合せ サイトマップ
企業情報
ADVANCED制震システム
システム概要
一般評定取得技術
メリット
適用範囲
解析と実大実験
信頼性
概算設計
サービス体制
施工実績
ダブジョイント
ADブレース(新製品)
メディア公開情報
川金ホールディングスグループ ホームページ

 
新築から耐震補強までのフルラインナップ
 
[アドバンス制震装置]は、さまざまな建物にジャストフィットの制震性能を与える新築・補強それぞれ4シリーズの商品構成です。
上下左右の反転も可能ですので、建物の柱間隔や階高、開口部等に合わせて、柔軟に対応いたします。
 
■300シリーズ
200〜300kNの減衰力を持つオイルダンパーを使用した部品構成としています。中心となるオイルダンパーにはストローク±110mm、外径φ165mmのKY330を用意しています。また、ブレース部材は外径φ159mmと細く、スマートなデザインとなっています。
■500シリーズ
300〜500kNの減衰力を持つオイルダンパーを使用した部品構成としています。中心となるオイルダンパーにはストローク±110mm、外径φ177mmのKY550を使用します。また、ブレース部材は外径φ190.7mmで、室内に使用しても威圧感を与えません。
■200および800シリーズ(特注品)
300シリーズ、500シリーズを標準としていますが、メーカーの強みを活かし必要な減衰力に応じて柔軟に対応しています。例えば、最大減衰力200kNのオイルダンパーを用いた200シリーズ(ダンパー径φ139.8mm、ブレース径φ139.8mm)と800kNのオイルダンパーを用いた800シリーズ(ダンパー径φ247mm、ブレース径φ219.1mm)を開発し、すでに適用しています。
■設置タイプ
設置タイプには1スパン(1枠)に[アドバンス制震装置]を1基設置するタイプと2基設置するタイプがあります。2基タイプでは出入り口の位置によってダンパーを内側にするタイプも選べます。なお、新築の場合は柱−梁のコーナー部や梁の中間部にガセットプレートを取り付け、[アドバンス制震装置]を設置します。また、耐震補強の場合は、鋳鋼製の接合金物を使用した周辺枠を介して「アドバンス制震装置」を設置します。
 
■耐震補強用
 
■新築用
 
■減衰力の目安
装置1セットあたりの減衰力の目安はオイルダンパーの減衰力に増幅倍率を乗じた値となります。※300シリーズ、500シリーズを標準としていますが必要な減衰力に応じて柔軟に対応できます。
  シリーズ オイルダンパーの減衰力(kN) 設置タイプ 減衰力(kN)
1 300 200〜300 1基 500〜750
2 300 200〜300 2基 1000〜1500
3 500 300〜500 1基 750〜1250

 
  ©2004-2009 KAWAKIN TECHNO SOLUTION CO.,LTD.