アドバンス制震システムの施工実績を紹介

耐震補強技術の川金テクノソリューション
Contents 耐震補強技術の川金テクノソリューション TOP お問い合せ サイトマップ
企業情報
ADVANCED制震システム
システム概要
一般評定取得技術
メリット
適用範囲
商品ラインナップ
解析と実大実験
信頼性
概算設計
サービス体制
施工実績
ダブジョイント
ADブレース(新製品)
メディア公開情報
川金ホールディングスグループ ホームページ

 
施工実績
 
新亀戸ビル
X方向は在来補強としましたが、Y方向はアドバンス300シリーズ2基タイプ7枠(14基)、500シリーズ2基タイプ3枠(6基)にスリット、柱繊維巻補強としました。在来補強工法に比べ、補強箇所数を少なくでき、建物の機能を損なわずに耐震性能を向上できることが評価されました。なお、平日は稼働している事務所ビルなので土日のみを使って工事を実施しました。
【建物概要】
制震装置: 300シリーズ2基タイプ7枠(14基) 内付け、接着工法
500シリーズ2基タイプ3枠(6基) 内付け、接着工法
構造種別: RC造
数: 地上6階、PH2階
年: 昭和49年
途: 事務所
延床面積: 4,389m2
計: 安藤建設株式会社一級建築士事務所
請: 安藤建設株式会社第二建築事業部
置: 株式会社東邦アーステック

     
 
     
 
     
 
     
 


↑up

 
  ©2004-2009 KAWAKIN TECHNO SOLUTION CO.,LTD.
戻る